So-net無料ブログ作成
不思議 ブログトップ

ひさしぶり [不思議]

一年以上ぶりにブログを書く。

その間いろいろな事があったけど、ややこしいのでその件に関しては書かないことにした。

書けることといえばインコのみーちゃんが去年末死んでしまった。
小さいからだなのに手術して可哀相だった。
最後まで懐かなくて、でも病院に行ったときはなんだか もの言いたげな顔をして
こっちをみてたっけ。

そのみーちゃん、うちには庭が無いので
ホントは良くないんだけど、近くの空き地と言うか、公園というか。。。国有地なのかしら。。。?に埋めた。
その内掘り返されちゃうだろうけど、小さな体だからそれまでには土に返るだろう。
野鳥がたくさん居るからインコよりそっちの声によく反応していたみーちゃんにはいいとこだろうと思う。

そして半年たった今、そのみーちゃんのお墓のあたりは公園を造成中
去年から作ってるんだけど、毎年少しずつ広げているみたい。そこはまだやらないだろうと思っていたんだが。。。当てが外れました。

ま、もう土に返っているでしょうし、魂はとっくに自由になっているだろうから。。。しかたないしね。

その公園周り、ずっと国有地だらけで街灯も無いし、木がうっそうと茂っていてちょっと夜は不気味なんだ。
前にビュが人魂らしきものを見たのもそのあたり。

そしてつい先日、又ビュが変な体験をした。

最近マイロの夜の散歩は7時半くらいから、その作ってる公園の出来上がった部分を
ゆっくり2週まわって帰ってくる。大体一時間くらいかかる。

公園内はさすがに明かりがあるんだけど、時間が来たら自動的に切れてしまって住宅の無い国有地側は真っ暗になってしまう。
ビュはいつもはその時間が来る前に公園を出るそうなんだけど、そのときはうっかりしていて
歩いてる途中で切れたそうな。
真っ暗な中、イヤホンで携帯に入れた映画を見ながら散歩させてたら、
奥のほうからドラムの音が聞こえてきたという。
「ああ、たまに公園で楽器の練習してる人いるよ~。前にバクパイプやってる人も居たもん」
そう答えたものの、さすがにドラム持ち込む人は見たことがないな、と思った。

しかしよくよく聞いてみるとバンドとかで使ってるドラムじゃなくて
手でたたく太鼓のような音らしい。しかも「タムタムタム」と言う単調なリズム。


「ここから聞こえてきた」といって指差したところは
公園内でなく造成中のところ。
そこは工事中だから衝立みたいな塀に囲まれてて入れないようになってる。


何かのポンプの音、には聞こえなかったらしいし。。。

その音はそばを通るときゆっくり止まって通り過ぎたら又始まったらしい。
だからビュは誰か居ると思って近づいてのぞいて見たけど、どこにも人らしき気配は無かったそう。
そこは大きな道路側のところでほかのところより明るくなっていたのに。

夜に工事はやらない。でも一般の人がブルドーザーや重機が置いてあるところにワザワザいって
太鼓の練習するとは思えない。
しかも練習するような曲じゃないでしょ。

怖くなったビュはイヤホンのボリュームをがーっと上げたけど音は聞こえ続けてたという。
大体いくら静かなところだからといって、そんな遠くからずっと同じ音量で聞こえるなんて変!
聞くだにおかしなことばかり。

「霊現象だったんじゃ?」
前の例もあるしね。
ビュは多分霊感があるんだと思う、トルコに居るときにも変なもの見たみたいだし。

トルコでは枯れ井戸の奥からそういうドラムの音が聞こえる事があるんだそうだ。
悪魔が鳴らす音だとか。。。

しかしここは日本なのに。。。

やはり霊現象が起こり、トルコ人である彼の脳は、
その現象を脳内で勝手にトルコ風に変換しちゃったのかな?
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ちょっと怖い? [不思議]

今日も仕事の合間にパン作り。
と言っても普段食べるのはトルコパンなので、私はビュが作るのを手伝うだけだけど。。。
焼いてる間に速攻でコンビニで買い物。帰って来た頃ちょうど焼き上がり、いい匂いが漂って来た。
パンをオーブンから出した後、ついで洗濯機を回した。
今日のパンはいつもと粉が違うので生地がいつもより小さかった、でも焼き上がりはいつもより高く膨らんだので味見が楽しみ〜。
15分後位から食べられるので、ビュに『味見する時呼んでね』と言ってトイレ寄ってから2階に行こうとしてました。
その時ビュはいつもの様にパソコンに向かって座ってた。
突然ビュが『パヒューム付けたのーっ?』と叫んでる。
何の事やら?
私は意味がわからずトイレから出て行ってよく聞いたら、
『今さっき、後ろからパスッと音がして香水のいい匂いがして来た』と言うのです。
どういう事〜?
私は当然香水なんてつけてないし、第一トイレにいたわけです。
それはパンの焼けた匂いでもなく、洗濯の柔軟剤の匂いでもなく、トイレの芳香剤の匂いでもない。。。
香水瓶のスプレーを押す音と後ろから漂って来たよい香り、は絶対したという。
なんだったんでしょ?
もしかしたらトルコのビュのanneがビュの事を考えながら香水を使ってたのかもよ、とビュにトルコに電話させた。
聞いてみたらanneはその頃、庭で近所の人にビュは今どうしてるか?と聞かれ話していたという。
う〜ん。。。当たりの様なハズレの様な。。。
やっぱり幽霊か?
嫌がるビュ。
しかし、よく聞いてみると、この家でいつも誰かに見られてる気がしてる、と言うのです。初耳だよ。
じゃあなんで引っ越しに消極的なのよ〜。
私は特にこの家で怖いおもいはした事ない。う〜んと言うことは?
ビュの側にだけ、香水つけて来る幽霊か?
確かにビュは香水とか好きだけど。。。嫌な感じ〜。


nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

謎の隣人 [不思議]

mixiの方にも書いたんだけど。。。
どうにも気になるのでこっちにも書いちゃう。。

年末に慌ただしく隣の家が出来上がった。
この2〜3ヶ月ず〜っとトンカントンカン
やっててすごいうるさかったし
窓ギリギリのとこでやってるから、
カーテンも障子も開けられなくて
毎日薄暗く、寒かった!

一年程空家だった隣の家。
始め解体業者の人が挨拶に来たっきりで、
ここん家の塀まで壊して少し補修していったけど
ちゃんと直ってないし、どうやら出来上がって
引越して来たらしいんだが挨拶にもこない。。。

旦那に言わせると引っ越しのとき荷物がすごく少なくて驚いたらしい。
それは家具は全部新しくしたりすれば、そういう事もあるだろうなと私は思っていたけど。。。
でも引越して来て10日以上は経っていると思うのだが
妙だなぁと思う事が色々。

表札もでてないからなんて名前の人々か分からないし
年輩の方では無さそうだけど…夫婦なのか独りなのかはさっぱり。
引越して来てからずっと、夜も昼も一日中
玄関口の外ライトがつきっぱなしだし。
一階の窓のシャッターはあまり開いてないし。
何より変なのは2階の私達の寝室の隣!

そこの窓の所には隣の家でも窓がある。
ま、それは仕方ない、良くある事。
でもあちらのは少し小さめのはめ込み窓で
うちの窓とは少しずらして作られているから
全部開けなければ気まずい思いする事もなく大丈夫でしょう。
家がやっと出来上がって、これで少しは
昼間障子を開ける事が出来るからよかったと思っていた。

ある夜、夜中にふと目が覚めた。
障子にオレンジ色の明かりがぼんやり浮かんでる。
明るくなったり暗くなったり。。。
火事か!?
あわてて障子開けて2度びっくり!

隣人はまだカーテンを付けていなかった。。。!
うちと隣は1メートルも離れてない、手を伸ばせば届きそうなくらいに近く建ててくれた。。。だから、中が丸見えです!

使ってない部屋ならいいけど、どうやらそこは寝室らしい。
ベットが窓際にあり布団が見えます。
女の人らしき頭も見えます!!
奥の方にハロゲンヒーターらしきものがあり、
これが首を振ってたせいで
明るくなったり暗くなったりしていたのでしょう。

きっと、何がなんでも新年は新しい家で過ごしたいんだな、
だからカーテンが間に合わなかったんだな、
きっと明日には急いで買ってくるだろうと思ってました。

なのに未だにカーテンつける気配無し!
注文していたけど間に合わなかったのかな、
でもだったら、ただの布でいいから出来上がるまで窓おおいなさいよ!
どうせ光なんて入んないんだから!
第一寒いだろうよ!

ありえない。。。理解不能です。。。


nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青唐辛子 [不思議]

青唐辛子

ししとうではなく

そう あの辛くて長いやつ。

最近ではスーパーとかでどこにでも売っているが

昔はあまり見なかったと思う。

でもうちは父が好きで、子供の頃から夏になるとよく食べていた。

ただ焼いた青唐辛子に醤油をつけて。

その中に辛いのと辛くないのがあったのだけど、

見た目は全く同じなので、母も私も見分けが付かなかった。

だけど父だけは見ただけで「これは辛い、これは辛くない」とわかる。

いつもそれが不思議で、青唐辛子が食卓にあがる度に 違いを探そうとするんだけど、さっぱりわからなかった。

 

なぜ辛い青唐辛子がわかるのか?

父に聞いても、にやりと笑うだけで答えは教えてくれなかった。

 

なぜそこで笑うのだ?

もしかして超能力!?

子供の時分そう思ってちょっとぞっとしたものだ。

(しかしどれが辛いのかわかる超能力って…

 

以前、自分の父親も辛いのの見分けが付いて尚且つ

見分け方は秘密にしているって言う人がいた。

 

いったいどうして、なんなんだ、知ってる人!

ケチ!教えてよ!

 

 

おまけ


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ある夜の出来事 [不思議]

今日はちょっと怖かったある日の出来事。

こんな仕事している割には自分は怖い目にあったりしたことが無かったので
丑三つ時でも平気で仕事しているんですが…

夜中、当時寝室兼仕事場でいつものように独りで
ベッドを背にして机に座ってせっせと仕事をしてました。

そんな時突然後ろから ピン! という甲高い音が聞こえてきたのです。
『えっつ!?何この音?』
ゆっくりと聞き覚えのある曲がワンフレーズ流れてきた。

音の出所はすぐにわかった、
私の持ってたオルゴールでした。
窓辺に置いてある人形や置物の間にあった
うさぎの形の陶器で出来たオルゴール。

だけど、それはもう何年も回してないオルゴールだったんですよ。
なんで?
戻りきってなかったにしては時間が経ちすぎてるし、
地震とかあって揺れた拍子にってわけでもない。
なんでなんで?
やっぱりこの仕事のせい?

又鳴るんじゃないかってしばらく怖かった。

そのオルゴール?
まだそこに飾ってますよ。
回してみる気にはならないですけどね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

奇妙な出来事 [不思議]

今年の7月始めの頃起こった事。
家には仕事柄、毎月2〜3冊の雑誌の見本誌が送られてくるのです。
チェックのために一応一通り読むのですが、この時は心霊体験物の漫画二冊が別々の封筒で同時に送られてきたのを、まとめて袋から取り出し台所で読んでいた。
最初のページからめくって行って段々妙な気がしてきた、なんだか暖かい。
変だな、変だな〜と思いながらも読み進んでハッと手が止まった。
本が熱いのである。何だこれ?手で確認すると間違いなく本が熱い。
しかも真ん中付近が一番熱い!表紙などは別段熱くもないのに何故…?。
もう一冊のほうも確かめた、がそちらは普通。
ポストに長く入れておいたわけでもなし、第一今まで何年も送られてきたけど、こんなことは無かった。
この時は心霊物ということもあり、妙に怖かった〜、読むの止めて、
なんとも無いほうから先に読みました。
熱いほうの雑誌は30分ほどほおって置いたら冷めた。
恐怖体験ではないけど気味悪かった!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
不思議 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。